ルクレティウス 『事物の本性について』

レビュー数: 0

楽天でみる

ルクレティウス 『事物の本性について』ルクレティウスジブツノホンセイニツイテ

価 格: 2970
著 者: 小池 澄夫/瀬口 昌久 コイケ スミオ/セグチ マサヒサ
出版社: 岩波書店
発売日: 2020年08月06日頃
サイズ: 全集・双書

無からは何も生まれず、何ものも無にはかえらないー全てのものは原子と空虚とから出来ている。ウェルギリウスやオウィディウスらローマ詩人への影響。理性による原因の解明によって驚異を解消する。ブラウン運動を「予知」?「遺伝子」の概念や進化論との類似。家族の形成が文明の起源。欲望に駆られた技術の追求は、無知、そして戦争につながる。ボイルやニュートン、そしてドルトンへー近代原子論へのつながり…二〇〇〇年以上前に誕生しながら、近代科学を先取りするような内容を持つ長篇詩は、いかなる論理でこの世界を説明し尽くしたか。

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品