原初生命体としての人間

レビュー数: 10

楽天でみる

原初生命体としての人間ゲンショセイメイタイトシテノニンゲン

価 格: 1254
著 者: 野口 三千三/養老 孟司 ノグチ ミチゾウ/ヨウロウ タケシ
出版社: 岩波書店
発売日: 2003年06月13日頃
サイズ: 文庫

「からだの主体は脳ではなく、体液である」-こうしたからだの動きの実感を手がかりに生み出された野口体操の理論は、従来の体操観を大きく覆し、演劇・音楽・教育・哲学など多方面に影響を与え続けている。身体の可能性を拓く体操法を端的に語った本書は、身体的思考に基づく独創的な人間論、運動・感覚・言葉論でもある。

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品