オノマトペ 擬音語・擬態語の世界

レビュー数: 1

楽天でみる

オノマトペ 擬音語・擬態語の世界オノマトペ ギオンゴギタイゴノセカイ

価 格: 968
著 者: 小野 正弘 オノ マサヒロ
出版社: KADOKAWA
発売日: 2019年12月24日
サイズ: 文庫

「ゴーン」などの擬音語、「ピカピカ」などの擬態語を総じて称する「オノマトペ」。誰もが日常的に使っているこれらの言葉、抽象的で単純で幼稚なものと思われるかもしれないが、実は奥が深い。『古事記』で登場する「もゆら」とは何の音?『ゴルゴ13』で「シュボッ」と火を点けるようになるまでの顛末は?川端康成はなぜ『伊豆の踊子』の踊子を「コトコト」笑わせたのか?豊富な例やエピソードから、日本語を深くほりさげる。

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品