地図づくりの現在形 地球を測り、図を描く

レビュー数: 1

楽天でみる

地図づくりの現在形 地球を測り、図を描くチズヅクリノゲンザイケイ チキュウヲハカリ、ズヲエガク

価 格: 1870
著 者: 宇根 寛 ウネ ヒロシ
出版社: 講談社
発売日: 2021年01月12日頃
サイズ: 全集・双書

近代日本の地図づくりは、どんな技術で、いつ始まったのか。明治政府が国土を測り始めて一五〇年。測量と図化を積み重ね、2万5000分1地形図がほぼ網羅したのは二〇世紀後半のこと。「マップラバー」をも生んだその地形図が、今や様変わりする。三角測量・空中写真から衛星・デジタル化による測地術の進化、また目的別表現形式の多様化で、大幅に広がる利活用の範囲。高度なテクノロジーが測り表現する新しい地図の世界とは?

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品