アメリカの巨大軍需産業

レビュー数: 8

楽天でみる

アメリカの巨大軍需産業アメリカ ノ キョダイ グンジュ サンギョウ

価 格: 880
著 者: 広瀬隆 ヒロセ,タカシ
出版社: 集英社
発売日: 2001年04月22日頃
サイズ: 新書

ベルリンの壁が崩壊し、東西対立の構図が消滅するとともに、アメリカの軍需産業は大統合に向かった。本書は、三〇兆円もの膨大な国防予算を背景に、各企業がますますその経営を合理化していった謎を解き明かす。九九年のNATO軍によるユーゴ空爆などの地域紛争は、従来、民族対立によるものと理解されてきたが、そこに常に介在していたアメリカ製兵器の持つ意味について言及されることはなかった。膨大な資料を分析することによって、政治家、軍との結びつきから、CIA、NASAとの連携まで、アメリカの軍需産業の巨大な姿が浮かび上がってくる。この危険なビジネスが世界情勢を左右する、そのメカニズムとは何なのか。

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品