アイロニーはなぜ伝わるのか?

レビュー数: 2

楽天でみる

アイロニーはなぜ伝わるのか?アイロニーハナゼツタワルノカ

価 格: 858
著 者: 木原善彦 キハラ ヨシヒコ
出版社: 光文社
発売日: 2020年01月16日頃
サイズ: 新書

ある晴れた休日、「今日はお出かけ日和だ」と言って意気揚々とAさんが家族をつれてピクニックに出掛ける。ところが、急に天気が崩れて土砂降りになり、「ほんとに今日はお出かけ日和ね」と家族に言われてしまう。Aさんに対する非難のこもったこの発言がいわゆるアイロニー発話と呼ばれるものの典型とされる。この場合、「アイロニー」に「皮肉」という訳語を当ててもかまわないが、アイロニーは「皮肉」よりも幅広いカテゴリーの修辞的表現である。本書では、この「言いたいことの逆を言う」アイロニーがどうして相手に伝わるのかという問題を考える。現実を相対化するための、知的な「武器としてのアイロニー」の可能性も示す。

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品