この海を越えれば、わたしは

レビュー数: 5

楽天でみる

この海を越えれば、わたしはコノウミヲコエレバワタシハ

価 格: 1980
著 者: ローレン・ウォーク/中井はるの ローレン ウォーク/ナカイ ハルノ
出版社: さ・え・ら書房
発売日: 2019年11月05日頃
サイズ: 単行本

生まれてすぐに海へ流された少女、クロウ。流れついた小さな島で、オッシュという男に育てられる。島の住民たちはクロウにふれようとしない。クロウがペニキース島から来たのではないかと疑っているのだ。ペニキース島ーかつてハンセン病患者の療養所があった島。十二歳のある晩、クロウは海の向こうにあるペニキース島で燃える火を見つける。そのとき、クロウの世界が動いた。母親から残された謎の手紙とルビーの指輪の意味は。両親は、兄は、そして自分はだれなのか、手がかりをもとめて、クロウは海を越える。ついに、クロウがたどりついた真実とはー2018年スコット・オデール賞受賞作。

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品