近代建築で読み解く日本

レビュー数: 0

楽天でみる

近代建築で読み解く日本キンダイケンチクデヨミトクニホン

価 格: 1056
著 者: 祝田秀全 イワタシュウゼン
出版社: 祥伝社
発売日: 2020年04月30日頃
サイズ: 新書

明治維新=近代化のシンボルは、鉄道と建築である。新橋・横浜間に鉄道が開業し、大工の棟梁による擬洋風建築が現われた。やがて、建築の担い手が工部大学校のエリートに代わると、国家が仕立てる正統派=ルネサンス様式の建物が帝都を飾るようになる。だが、その最大級の建築「国会議事堂」の中央にはピラミッドのようなデザインが施された。一体なぜか?20世紀に入ると、世界的に自由なモダニズム建築が興る。しかし、日本は天皇制のもと次第に近代のあるべき姿から離れ、敗戦で帝都は崩壊。戦後、銀幕の世界ではゴジラが近代建築を次々と破壊したが、その意味するものとはー。斬新な視点で日本の近代史を読み解く!

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品