航空機と空港の役割

レビュー数: 0

楽天でみる

航空機と空港の役割コウクウキ ト クウコウ ノ ヤクワリ

価 格: 3300
著 者: 唯野邦男 タダノ,クニオ
出版社: 成山堂書店
発売日: 2020年03月
サイズ: 単行本

1903年にライト兄弟によって成し遂げられた人類初の動力固定翼機による飛行は、広々とした平坦な草地で行われました。その時離陸のために敷かれたレールは初めて使用された滑走路と言えるかもしれません。それから百十数年ー。今や航空機・航空輸送と空港はお互いに切り離すことのできない関係にあり、空港の様々な施設は、航空機の運航や安全対策に必要な機能・形状・規模・強度などを持つように作られ、万が一に備えた事故・セキュリティ対策も施されています。このように、いわば巨大な都市機能を備えた空港について、本書ではその成り立ちから現在まで、それぞれの機能の解説とともに振り返ってみたいと思います。

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品