インドの数学

レビュー数: 0

楽天でみる

インドの数学インドノスウガク

価 格: 1430
著 者: 林 隆夫 ハヤシ タカオ
出版社: 筑摩書房
発売日: 2020年09月12日頃
サイズ: 文庫

サンスクリット文化圏の数学は、多様性と創造性に溢れ、数学史においても大きな足跡を残してきた。「ゼロの発明」はとりわけ有名であるが、それにとどまらない。本書は、ヴェーダ祭式の祭場設営に由来する最古層の幾何学に始まり、ジャイナ教徒の数学と哲学・世界観との関係、数学と天文学、7世紀以降のアルゴリズム数学と代数の確立など、各時代に開花した数学を概観し、その発展の過程を探る。終章では、三角関数、ホロスコープ占星術、筆算法、和算などのトピックを通して、インドと他文化圏との数学の伝播を考える。

在庫あり 送料無料(コンビニ送料含む) 通常商品